シュレック2感想



2007年11月29日

シュレック2感想


あんまり期待せずに見たけど、面白かった…というか、
長靴をはいた猫がかわいすぎた。やばいなにあの可愛さ。
竹中直人って多彩な声なんだなぁと改めて。
バンデラスもすげーね。ゾロパロとかたまりません。

音楽もすごく良かったです。
冒頭の「Accidentally In Love」とか超大好きです。
こういうアップテンポで甘ーい英語詞の歌大好きです。英語ってストレートでいいよな。
洋楽にはまったく詳しくないので超かたよってますが
I think I love youのLess than jakeのカバーのやつとか
ハイスタのはじめてのチュウ(My first kiss)とか
あとチアーズ!の挿入歌のYou're just what I needとかが大好きです。関係ないんですけど。
でもプロモはひどいと思いました。いやひどいっていうか哀しい。
ウサギに寝取られるとかどんだけー。
はしゃいでるにいちゃんがすごいほほえましくてかわいいだけに衝撃でした。
ていうかウサギきもい。5本指て。
いやたぶん髪形からしてボーカルの人をイメージしてるのかな?と思うんですけど。

1のほうは字幕で見て、吹き替えは
「くっさ!おとぎ話やあるまいし」までくらいしか見てないので
浜ちゃんの声に違和感バリバリだったのですが(浜ちゃんにしか聞こえないしな)、
今回は吹き替えを先に見たらオリジナルがなんか物足りなくなりました。笑
関西弁、味があっていいなぁとか。
でもやっぱり愛について語るのは違和感が。
なんというか「そんなキャラじゃないだろ!」という心のツッコミが。
冒頭の指輪のシーンの「愛してる(半笑い)」とかなんだそれ(笑)とか思いました。

「マザーグースかじっといて良かったー」と思う作品です。
three blind miceとか、マザーグース知らないと絶対元ネタわかんない。
クッキーマン(gingy)はいまだに元ネタわかんないけど。
muffin manはわかるんだけどなー。♪Do you know the muffin man?

予告も「A Series of Unfortunate Events」(#1だけ持ってる)に
「Cat in the Hat」と、タドキストにおなじみのラインナップでうれしい。
A Series of Unfortunate Eventsの女の子カワイイなー。

というか、人間になったシュレックはなんかモテてましたが
イケメンというよりただのオッサンにしか見えません。
海の向こうではあれもアリなんでしょうか。

そしてロボッツといい、最近の当て馬はマザコンが流行りなのか。
そして「ドラゴンが最近なんかカリカリして」という冒頭のセリフで
それ妊娠してんじゃねーの?と思ったらビンゴで笑った。

アイドル選手権?もいいね。楽しいです。
ピノキオの歌ってた「Domo arigato, Mr.Robot」、
え、なに、なんかバカにしてんの??
日本人は「どーも」と「ありがとう」ばっかり言うとか??
とか思ったら別にそのまんまどうもありがとうっていう意味みたいで。
被害妄想でした。
'80年代にはやった歌なのねー。


posted by 彩太 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。