花ざかりの君たちへ第11話感想



2007年09月11日

花ざかりの君たちへ第11話感想

先週見逃したので今週はちゃんと見ました。
そういえば合宿してたんだっけ。

佐野(小栗旬)はやっぱりなんかかわいい。
裏表逆とか地味にかわいいですね。

中津…中津〜!
中津(生田斗真)は今回前回のハイライトの告白シーン以外
あんまり見せ場がなかったような気がする。
熱い棒を瑞稀(堀北真希)と佐野におしつけられるところとか好きです。普通にひどい。

今回佐野と瑞稀がなんか妙にかわいかったです。
「きのうはごめん!」(同時)とか
「できる!」「おう!」「できる!」「おう!」とか超可愛いなあ。

長縄跳び!なにそれ超ほのぼの…!
こういうのを90種類も実施しようとするアホっぷりがたまらなく好き。
トイレットペーパー巻き対決とかくしゃみ対決とか、芸人か。

男がポンポン持って踊るの初めて見たかも…。
やっぱりウォーターボーイズを思い出すなあ、このドラマ。
なんにせよ男の子がいっぱい集まって
ワイワイしてるのが好きたまりません。
癒されるわぁ…おばちゃんみたいね私…。

私がいっつもかわいいなぁ〜と思って見てた子は
萱島くん役の子(山本裕典)と判明。
ルックスが一番好みですこの子。かわいいなぁ。

保険医(上川隆也)とカメラ姉ちゃん(紺野まひる)の絡みも好きです。
いかにも嫌そうな感じがベタなんだけどうける。
原作の保険医はベタすぎてほぼまったく興味がわかなかったんですが
ドラマの梅田はいい味を出していると思う。
「はい存じ上げておりますはい帰ってください!」とかいいなあ。

そして次回もう最終回なのか。ちょこっとしか見れなかったなぁ。
ていうか予告の中津ナースと佐野メイドが気になりすぎます。


posted by 彩太 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜】第11話感想「...
Excerpt: 今週もやってまいりましたー♪中津斗真くんを愛でる1時間が!☆(≧▽≦)☆!と、言いたいとこなんですが、中津が口を開くたびに、「好きなんだろ、佐野のこと。そのくらい分かるって」すみません。泣いてもいいで..
Weblog: 読書とジャンプ
Tracked: 2007-09-12 06:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。